スポーツ

バスケットボールを視聴できる配信サービス一覧!NBAやBリーグも生配信

バスケットボールの動画配信サービス

バスケ好きならNBAに出場するスーパースターや八村塁選手の最新情報、国内ではBリーグの試合が気になると思います。

  • でも、どこのサービスを利用すれば視聴できるのか?
  • 無料の動画配信サービスはあるのか?
  • 大学や高校、それにWリーグなどの試合は視聴できるのか?

上記のような疑問があったり、動画配信サービスについて詳しく知らない方もいると思います。でも、ご安心下さい!

この記事では、バスケットボールを視聴できる動画配信サービス(VOD)を一覧としてまとめています。

各社の特徴の紹介はちろんですが、大会別に掲載しているため、あなたが視聴したいサービスも一発で分かります。

これから、動画配信サービスの利用を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

バスケットボールを視聴できる動画配信サービス一覧

バスケットボールを視聴できる動画配信サービス(VOD)は複数あります。

注目!

  1. バスケットボールLIVE(Bリーグや代表戦、大学や高校の大会、FIBAも配信)
  2. J SPORTSオンデマンド(Bリーグ、オーストラリアリーグ、代表戦、大学や高校の大会も配信)
  3. スカパー!(Bリーグを配信)
  4. スポーツブル(インターハイを全試合無料で配信)
  5. NBA Rakuten(NBAの全試合を配信)

NBAを視聴したい場合は、NBA Rakutenのみになります。独占配信しているため、全試合を生配信で視聴できます。

Bリーグを視聴したい場合は、バスケットボールLIVE、J SPORTSオンデマンド、スカパー!のいづれかから選択すると良いです。B1リーグの全試合を生配信、他にハイライトや見逃し配信も対応しています。

高校や大学の場合、大会別で視聴できるサービスが異なります。さらに有料と無料に分かれます。すべての大会を視聴したい場合は、複数のサービスに登録する必要がありますが、特定の大会を視聴したい場合は配信するサービスを選択すると良いと思います。

次に、各社のサービスの特徴を詳しく紹介します。特に料金や無料視聴期間、番組内容などを見比べてみてると、あなたが登録したいサービスを決定できると思います。

バスケットLIVE(Bリーグや代表戦などバスケファンも大満足)

月額基本料金 508円
無料視聴期間 6ヶ月
配信される大会 Bリーグ
wリーグ
日本代表戦
天皇杯
皇后杯
全日本大学選手権(インカレ)
ウィンターカップ
FIBA
生配信 あり
見逃し配信 あり

月額508円ですが、ソフトバンクとワイモバイルユーザーは特典として無料で視聴できます。

それ以外の方でも、Yahoo!プレミアム会員(月額508円)になることで特典として無料で視聴できます。

Bリーグ(1部・2部)の全試合を配信、知名度が高く人気の全日本大学選手権(インカレ)やウィンターカップも全試合配信しています。他にも日本代表戦やwリーグ、さらに3on3のFIBAも配信しているため、幅広い層のバスケットボールの試合を堪能できます。

ハイライトや見逃し配信だけでなく、マルチアングル機能というバスケットLIVEならではの機能もあります。

この機能を使えば、好きな角度からコートを視聴できるため、いつもの試合とは違った特別な体験ができます。

バスケットLIVEはこちら

J SPORTSオンデマンド(オーストラリアリーグも配信)

月額基本料金 2,640円(総合パック)
1,980円(バスケットボールパック)
無料視聴期間 なし
配信される大会 Bリーグ
日本代表戦
オーストラリアリーグ
全日本大学選手権(インカレ)
関東大学バスケットボールリーグ
高校総体(インターハイ)
ウィンターカップ
FIBA
生配信 あり
見逃し配信 あり

J SPORTSオンデマンドのプランは2つあります。バスケットボール以外のジャンルも視聴できる総合パック(月額2,640円)とバスケットボール専門のバスケットボールパック(月額1,980円)から好きなプランを選択できます。

Bリーグや日本代表戦以外にも、馬場雄太選手が所属するオーストラリアリーグも視聴できます。

大学や高校の大会も充実しており、強豪校がひしめく関東大学バスケットボールリーグや高校総体(インターハイ)も視聴できます。

また、BリーガーにインタビューするなどJ SPORTSオンデマンドのオリジナル番組もあるため、バスケットボールファンにとっては必見の動画配信サービスだと思います。

J SPORTSオンデマンドはこちら

【参考】J SPORTSオンデマンドの登録手順

スカパー!(Bリーグをテレビ・ネットで視聴可能)

月額基本料金 2,526円
別途基本料として月額429円
無料視聴期間 初月(加入月)
配信される大会 Bリーグ
生配信 あり
見逃し配信 あり

Bリーグセット(月額2,526円)に加入するとテレビでけでなくオンデマンド(パソコン・スマホ・タブレット)からも視聴できます。

それに無料視聴期間(1ヵ月)が長いため、さまざまな番組視聴できることは、大きな魅力です。

生配信はもちろん見逃し配信も対応しているため、いつでもゆっくり視聴できます。

特にテレビなどの大画面で視聴したい方やBリーグだけを視聴したい方は、最適な動画配信サービスだと思います。

スカパー!はこちら

スポーツブル(無料でインターハイを視聴可能)

月額基本料金 無料
無料視聴期間 -
配信される大会 高校総体(インターハイ)
生配信 あり
見逃し配信 あり

スポーツブルは、完全無料の動画配信サービスです。

高校総体(インターハイ)のみの配信ですが、将来の原石(選手)を無料で全試合配信してくれるからありがたいです。

BリーグやNBAの試合は配信されませんが、公式サイトには最新ニュースが記事として掲載されています。こちらは会員登録(無料)をしなくてもチェックできるため、試合結果や選手の情報も分かります。

この記事で紹介している動画配信サービスの中では唯一!無料で視聴できます。気になる方は登録して損はしないと思います。

スポーツブルはこちら

NBA Rakuten(NBAを独占配信)

月額基本料金 990円
2,640円
無料視聴期間 なし
配信される大会 NBA
生配信 あり
見逃し配信 あり

楽天TVが運営している月額サービスです。プランは2種類あります。

BASIC PASS(月額990円)は、NBA rakutenが指定した試合のみ視聴できます。LEAGUE PASS(月額2,640円)は、NBA全試合の視聴ができるため、制限がありません。

NBA全試合を独占配信しているため、生配信はもちろんハイライトも視聴できます。さらに過去の名シーンやドキュメンタリーといった番組も配信しているため、NBAファンにとっては超嬉しいサービスといえます。

登録するには、楽天会員になる必要があります。さらに楽天TVの利用登録も必要になりますが、どちらも無料であるため安心して下さい。

NBA rakutenはこちら

リーグや大会別で比較

バスケットボールの大会別に、動画配信サービスをまとめてみました。

気になるリーグや大会がある方は、参考にしてみて下さい

NBA NBA rakuten
Bリーグ バスケットLIVE、J SPORTSオンデマンド、スカパー!
Wリーグ バスケットLIVE
オーストラリアリーグ J SPORTSオンデマンド
日本代表戦 バスケットLIVE、J SPORTSオンデマンド
天皇杯 バスケットLIVE
皇后杯 バスケットLIVE
全日本大学選手権(インカレ) バスケットLIVE、J SPORTSオンデマンド
関東バスケットボールリーグ J SPORTSオンデマンド
高校総体(インターハイ) J SPORTSオンデマンド、スポーツブル
ウィンターカップ バスケットLIVE、J SPORTSオンデマンド
FIBA バスケットLIVE、J SPORTSオンデマンド

まとめ

バスケットボールを視聴できる動画配信サービスは複数あります。しかし、各社を見比べると大会ごとに視聴できるサービスが異なります。

例えば、NBAを視聴したい場合はNBA rakutenのみの配信、関東バスケットボールリーグを視聴したい場合はJ SPORTSオンデマンドのみの配信になるため、注意して下さい

Bリーグを視聴したい場合は、比較的に複数のサービスを選択できるため制限はないものの、月額基本料金や無料視聴期間が異なるため、しっかりと見比べるとことが大事です。

このように、バスケットボールを視聴できる動画配信サービスといっても、多種多様です。

まずは、あなたが視聴したい大会は何なのか?次に料金やサービス内容を判断してから、動画配信サービスを決定すると良いと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

当ブログにお越し頂きありがとうございます。 アラサー男子のKAZUです。 このブログでは、スポーツ情報や商品レビュー・関連情報を中心に話題の情報をお届けしています。

-スポーツ
-