スポーツ

【北京五輪2022】カーリング女子のおやつは何?お取り寄せができる?

もぐもぐタイム

カーリング女子日本代表(ロコソラーレ)といえば、試合中におやつを食べながらもぐもぐするシーンが印象的ですよね。

特に前回大会の平昌五輪2018では、「赤いサイロ」と言うチーズケーキが一躍話題になり、ブームの火付け役になりました。

では、北京五輪2022の試合中にどんなおやつを食べるのか?とても気になりますよね。

この記事では、カーリング女子日本代表が食べているおやつについてまとめています。食べ物の種類はもちろんですが、ネット通販でお取り寄せができるかどうかも掲載しています。

選手と同じおやつを食べたい方は、是非ご覧下さい。

Sponsored Link

2021カーリング女子最終予選(韓国戦)で食べていたおやつ

2021カーリング女子最終予選(韓国戦)のおやつタイム

北京五輪2022の出場切符がかかる大事な最終予選(韓国戦)でも、もぐもくタイムのシーンがありました。5エンド終了後にもぐもぐタイム(正式にはデットタイム)を行っています。

今回のおやつで食べていたものは、新鮮な果物(バナナ、パイナップル、リンゴなど)と糖質バーです。

特にバナナと糖質バーは、ご飯などの糖質と比べるとエネルギーの吸収速度が早いことで知られています。カーリングに限らず他のスポーツ選手にとっても定番の糖質アイテムとして認知されています。選手は、重要な試合で食べる機会が多いです。

北京五輪2022で食べていたおやつ

確定次第、おやつを掲載します。(お取り寄せ状況も紹介します。)

【参考】平昌五輪2018で食べていたおやつはお取り寄せ可能!


前回大会の平昌五輪2018では、赤いサイロ(チーズケーキ)や白い恋人といった北海道の名産品がとても話題になりました。

特に赤いサイロは、連日のカーリングフィーバーもあって公式ショップの清月では注文が間に合わないほど爆発的な売れ行きでした。

現在はというと、在庫状況も落ち着いています。赤いサイロの品数も増えてて5個入り、8個入りなど色々な個数で販売されています。販売店も公式ショップの清月をはじめYahoo!ショッピングといった大手総合ネット通販店でも取り扱っていて、お取り寄せもできます。

他に、楽天ではふるさと納税の商品として、赤いサイロを受け取ることもできます。

清月(公式ネットショップ)はこちら

まとめ

平昌五輪2018で話題となったおやつタイムは、前回だけの特別なものではありません。

カーリングでは、第5エンド終了後にデットタイムが用意されており、ミーティングと兼ねて軽食を摂ることが一般的です。選手は、糖質を多く含んだ果物やケーキなどのを食べることで、エネルギーの補給を行っています。

北京五輪2022でも、その場面がたくさん見れることでしょう。

ちなみに、選手が食べているおやつはネット通販でお取り寄せができます。気になる方は、一度お試ししてみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

当ブログにお越し頂きありがとうございます。 イケてるモテ男子を目指すアラサー男子のKAZUです。 このブログは、仕事やプライベートなどで使えるイケてる情報や会話が弾むモテ情報を発信しています。 特にスポーツやフィットネス、書籍(電子書籍)やスイーツなど話題の情報をお届けしています。

-スポーツ
-