スポーツ

【箱根駅伝2022】駒澤大学の選手が履いているランニングシューズ一覧

駒澤大学は、2021年全日本駅伝でも総合優勝しており強さは健在!2022年の箱根駅伝では惜しくも3位であったものの、有力な選手が多数います。

黄金世代の到来となりそうな駒澤大学ですが、長距離陸上部の選手はどんなランニングシューズを履いているのか?とても気になりますよね。

この記事では、箱根駅伝2022にチームエントリーしている10名の選手のランニングシューズを紹介しています。

メーカーだけでなくシューズ名も掲載しているため、憧れの選手と同じランニングシューズを見つけることができます。

Sponsored Link

駒澤大学の選手が履いているランニングシューズ

各選手のランニングシューズは、2021年の出雲駅伝と全日本駅伝、2022年の箱根駅伝を参考にしています。

陸上選手は、基本的に同じシューズを履くことが多いですが、なんからの事情(メーカーやスポンサーとの問題、選手の好みが変わるなど)で変更することもあるため、注意して下さい。

佃康平選手(4年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

箱根駅伝で活躍した4年生の進路
【2022年3月卒業の選手】箱根駅伝で活躍した4年生の進路先(実業団)一覧

箱根駅伝で活躍した2022年3月に卒業する選手(4年生)は、そのまま長距離を継続して戦いの場を移し実業団に就職する選手もいれば、大学で一旦競技に区切りをつけて引退し、一般企業に就職する選手もいます。 ...

続きを見る

田澤廉選手(3年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

東山静也選手(3年)

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2を履いています。

山野力選手(3年)

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2を履いています。

青柿響選手(3年)

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2を履いています。

唐澤拓海選手(2年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

鈴木芽吹選手(2年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

花尾恭輔選手(2年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

安原太陽選手(2年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

佐藤条二選手(1年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

箱根駅伝2022のスーパールーキー
【箱根駅伝2022】スーパールーキー候補は誰?大活躍が期待される1年生

毎年、箱根駅伝では必ずといっていいほどスーパールーキー(1年生)が誕生します。特に優勝候補の強豪大学は、スーパールーキーによる活躍は、チームに欠かせない戦力の1つです。 箱根駅伝2022のチームエント ...

続きを見る

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2が多い理由

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

駒澤大学の選手だけでなく箱根駅伝2022に出場する大多数の選手が、ナイキの厚底ランニングシューズを履いています。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2はその中でも人気シューズの1つであり、タイムが向上しやすいことで知られています。

同モデル(ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%)より改良されたアッパーによって、快適性と通気性が向上しました。

他にも着地の時のクッション性が向上し、反発力もアップ!衝撃を吸収しフォームを安定化させることが人気の理由です。

まとめ

箱根駅伝2022に出場する駒澤大学の選手は、全員ナイキのランニングシューズを履いています。

特にナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2の着用率が最も高いです。その影響もあって箱根駅伝をはじめ出雲駅伝や全日本大学駅伝などでも好タイムを連発しています。やはり厚底シューズは別格といえますね。

今後もナイキの着用率の高さは変わらないと思います。むしろさらに増えることでしょう。そして大会新記録など好タイムに期待ですね。

他大学の選手のランニングシューズは、別の記事にまとめています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

当ブログにお越し頂きありがとうございます。 アラサー男子のKAZUです。 このブログでは、スポーツ情報や商品レビュー・関連情報を中心に話題の情報をお届けしています。

-スポーツ
-