スポーツ

【箱根駅伝2022】東京国際大学の選手が履いているランニングシューズ一覧

東京国際大学の選手のランニングシューズ

東京国際大学は、2021年出雲駅伝で優勝、全日本大学駅伝でも5位に入賞するなど絶好調!2022年箱根駅伝では、丹所健選手の活躍がありましたが5位という結果になりました。

3年生が多く次回の箱根駅伝も期待がかかる東京国際大学ですが、長距離陸上部の選手はどんなランニングシューズを履いているのか?とても気になりますよね。

この記事では、箱根駅伝2022にチームエントリーしている10名の選手のランニングシューズを紹介しています。

メーカーだけでなくシューズ名も掲載しているため、憧れの選手と同じランニングシューズを見つけることができます。

Sponsored Link

東京国際大学の選手が履いているランニングシューズ

各選手のランニングシューズは、2021年の出雲駅伝と全日本駅伝、2022年の箱根駅伝を参考にしています。

陸上選手は、基本的に同じシューズを履くことが多いですが、なんからの事情(メーカーやスポンサーとの問題、選手の好みが変わるなど)で変更することもあるため、注意して下さい。

野澤巧理選手(4年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

イェゴン・ヴィンセント選手(3年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2とアディゼロ アディオス PRO 2を併用しています。

箱根駅伝2022の留学生選手
箱根駅伝2022に出場予定!最強の留学生選手を大学別に紹介

毎年、箱根駅伝には留学生選手が出場します。特に怪物選手は、下位でたすきを貰っても余裕で数人をごぼう抜き!チームの順位を大きく変えてしまう存在として知られています。 留学生はズルい! 勝つためなら有力な ...

続きを見る

丹所健選手(3年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

山谷昌也選手(3年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

ルカ・ムセンビ選手(3年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

堀畑佳吾選手(3年)


ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

宗像聖選手(2年)


アディゼロ アディオス PRO 2を履いています。

生田琉海選手(2年)


ニューバランスのFuelCell 5280を履いています。

白井勇佑選手(1年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

箱根駅伝2022のスーパールーキー
【箱根駅伝2022】スーパールーキー候補は誰?大活躍が期待される1年生

毎年、箱根駅伝では必ずといっていいほどスーパールーキー(1年生)が誕生します。特に優勝候補の強豪大学は、スーパールーキーによる活躍は、チームに欠かせない戦力の1つです。 箱根駅伝2022のチームエント ...

続きを見る

冨永昌輝選手(1年)

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を履いています。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2が多い理由

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2

東洋大学の選手だけでなくの箱根駅伝2022に出場する大多数の選手が、ナイキの厚底ランニングシューズを履いています。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2はその中でも人気シューズの1つであり、タイムが向上しやすいことで知られています。

同モデル(ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%)より改良されたアッパーによって、快適性と通気性が向上しました。 他にも着地の時のクッション性が向上し、反発力もアップ!衝撃を吸収しフォームを安定化させることが人気の理由です。

まとめ

箱根駅伝2022に出場予定の東京国際大学の選手は、生田琉海選手のニューバランスを除いて、ナイキもしくはアディダスのランニングシューズを履いています。特にナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2の着用率が最も高いです。

厚底シューズの影響なのでしょうか?2021年の出雲駅伝では優勝!結果を出していることからも、今後もナイキの着用率の高さは継続すると思います。そしてさらに好タイムが出そうな予感!今後も、東京国際大学の選手の活躍に期待ですね。

他大学の選手のランニングシューズは、別の記事にまとめています。

[ad01]
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KAZU

当ブログにお越し頂きありがとうございます。 アラサー男子のKAZUです。 このブログでは、スポーツ情報や商品レビュー・関連情報を中心に話題の情報をお届けしています。

-スポーツ
-